• 永代供養とはどのような物か

    • 日本では古来から家ごとに墓を持ち、代々子孫が供養をする形で「墓を守る」事が一般的でした。

      しかし近年、少子化が進み跡取りがいない家庭も増えています。
      また子孫がいても、遠方に就職をしたり、転勤などで墓を守る事ができないなど、色々な事情で代々の墓を守る事が困難なケースが増えています。


      そんな方々が選ぶのが、永代供養という供養の形式です。

      元々は、無縁仏などを収める為の共同墓地に遺骨を納める事をそう呼んでいました。


      今でも共同墓地に入るという意味合いでは同じですが、無縁仏であるという理由だけでなく一般の方も永代供養を選ぶケースが増えています。共同墓地は一般的な墓と違い、維持費などは掛かりません。


      最初に一括で永代供養費として支払うだけで、その後の費用は不要になってきます。

      東京の永代供養情報をお教えします。

      今では、共同墓地に名前を書いたプレートを入れる等、遺骨の扱いも変わってきています。

      一般墓地では、墓を守る人間が行かなければ読響もされませんし、掃除をする人も無く草に埋もれてしまう物です。


      永代供養でしたら支払った費用の中に、年数回の供養の経費も含まれています。

      目的に応じて教えて!goo情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

      ですから個人的なご供養の心配は要りません。

      そんなことから、子供に迷惑を掛けたくないというご年配の方が選ぶといったケースも増えています。


      また、子供がいないご夫婦が甥や姪に迷惑を掛けられないからと選ぶケースもあります。

      どのケースを取っても、将来的に墓守問題に困る事が無いのが永代供養の魅力です。



  • 意外な真実

    • 新しいお墓のスタイル 樹木葬

      昔から先祖代々続くお墓を故郷で守り続けるというお墓のスタイルを、進学や就職で子どもが親元から離れる事が多く、転勤や転職で移動も多い現代社会では維持していくのが難しくなってきました。子どや墓を守る人がおらず、後々無縁墓になるのが心配で、新しいスタイルの墓を選ぶ人もいますが、そうでなくても、墓参りのために遠くから故郷へ帰省する、というような負担を子どもにかけたくない、という理由で選ぶ人もいます。...

  • 読めば解る

  • 学ぼう葬儀の事・意外な事実

    • 条件が色々ある、永代供養のお墓。

      核家族化が進み、子供は都心部で就職して、家庭を持っているという方も少なくありません。そうなってくると、地元にお墓を所有していても、自身の死後に供養や管理をしてくれる人が居ないという状況にもなりえます。...

    • 海洋葬のメリットについて

      最近では様々な葬儀の形が増えています。海洋葬という言葉を聞いたことはあるでしょうか。...