• 新しいお墓のスタイル 樹木葬

    昔から先祖代々続くお墓を故郷で守り続けるというお墓のスタイルを、進学や就職で子どもが親元から離れる事が多く、転勤や転職で移動も多い現代社会では維持していくのが難しくなってきました。
    子どや墓を守る人がおらず、後々無縁墓になるのが心配で、新しいスタイルの墓を選ぶ人もいますが、そうでなくても、墓参りのために遠くから故郷へ帰省する、というような負担を子どもにかけたくない、という理由で選ぶ人もいます。

    そういった考え方や社会の変化に伴い、今までのお墓とは違う新しいスタイルのお墓が増えてきました。

    樹木葬もその一つです。

    樹木葬は公共機関から許可を得た場所を墓地として、遺骨を埋葬することに変わりはないのですが、墓石などを立てるいままでのお墓とは違い、樹木を墓石のような目印としてその周りに遺骨を埋葬します。

    NAVERまとめについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

    常緑樹が選ばれる事もありますが、桜や紅葉など、季節を彩るような樹木の周りに遺骨を埋める事もあります。

    故人をしのんで集まるのも49日など決まった時ではなく、花見の季節であったり紅葉の美しい季節などにして、故人と一緒に樹木の美しさを楽しむ事が出来ます。



    樹木葬の良いところは、お墓参りの際に特別な用意が必要ないところも大きいのですが、お墓のイメージとは違い緑あふれる公園のような雰囲気になっているので明るい、といった点も挙げられます。


    子どもに自分が死んだあとの負担を残さず、自分もあかるく気持の良い場所で眠れる、そんな樹木葬がこれからもっと広く利用されていくに違いありません。