• 樹木葬のメリット・デメリット

    新しい埋葬方法として近年関心を集めている樹木葬。

    都心部では募集定員がすぐに埋まってしまうほどの人気を集めています。
    しかし一般的に普及し始めたのが最近であるということもあり、認識不足からトラブルになるというケースもあります。

    評判が高いBIGLOBEニュースの情報を集めました。

    ここでは樹木葬のメリットとデメリットについてまとめてみました。

    まずメリットですが、墓の維持管理がいらないという点があります。

    墓を継ぐ子どもや孫がいなかったり、子孫に管理の負担をかけたくないということを理由に樹木葬を選ぶ人は非常に多いのです。



    また従来の墓地に墓石を建立する方法よりも安価で埋葬できるという点もあります。他に死後は自然に還りたいと考える人や従来の埋葬に比べて自然への負荷が少なくエコであることを理由に選ぶ人もいます。

    一方デメリットでは樹木葬自体の知名度が低く、またその定義もあいまいなため親戚から理解を得にくい場合があります。



    また樹木葬には1人につき1本の樹木を植えるスタイルと集団で1本の樹木の元に埋葬されるスタイルがありますが、後者の場合では遺族が故人をイメージしにくいといったデメリットもあります。
    また万が一にも墓石の代わりとなる樹木が枯れてしまった場合の心配もあります。

    埋葬は人生の締めくくりであるとともに未来へつながるものともいえます。トレンドやイメージに流されず、メリットやデメリットをしっかりと見極めて周囲の理解を得た上で埋葬方法を選ぶことが大切です。