• 海洋葬のメリットについて

    最近では様々な葬儀の形が増えています。
    海洋葬という言葉を聞いたことはあるでしょうか。



    生まれてきた命を還す、自然葬の一種です。実は、海洋葬の希望は一番多いのです。
    海へ散骨するというのは、聞くと不安がありますが島国である日本にとって海は特別なものです。海に対する特別な思い入れの多い文化なのではないでしょうか。

    エキサイトニュース情報サイトを利用しましょう。

    墓地に火葬して埋葬するというのが一般的な考え方ですが、近年では墓地が手に入りにくい、高齢の方の一人暮らしなど家族構成は徐々に変化しています。

    必ずしも、墓地へのを選ぶ必要はありません。
    自分が大好きな海にに撒かれて自然に帰りたい、最後まで自分らしさをつらぬくためにも海洋葬は増えています。

    終活と呼ばれる、生前に自分の葬儀を予約する生前葬が増えているのが影響している背景もあります。



    遺灰の一部を仏壇に置いて手元に残すことで、家族が身近で供養することができます。

    墓地を手にしても、管理をするにはなかなか大変ですよね。
    残された家族に負担がをかけたくない、と自然葬を選ぶ方もいます。家族構成の多様化が進んでいるように、葬式の多様化も進んでいます。


    死んだら自然の一部になりたい、と生前から考えている方もいます。
    海洋葬の中には委託散骨という方法があり、安く海洋葬を行ってもらうことが可能です。その場合、業者に委託して散骨を行ってもらえ、かかる費用を安くおさえられます。葬式は故人の意識を尊重する大切なものです。